上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今日の関東は、春の嵐?の様な天気です。

風&雨共にびゅんびゅん吹き荒れてるので「お家で映画鑑賞でもしましょ♪」と観た映画は…


2001年の作品『the Others ~アザーズ~』

0423


1945年、第二次世界大戦末期のイギリス、チャネル諸島のジャージー島。グレースは、この島に建つ広大な屋敷に娘アンと息子ニコラスと3人だけで暮らしていた。夫は戦地に向かったまま未だ戻らず、今までいた使用人たちもつい最近突然いなくなってしまった。屋敷は光アレルギーの子どもたちを守るため昼間でも分厚いカーテンを閉め切り薄暗い。そこへある日、使用人になりたいという3人の訪問者が現れる。使用人の募集をしていたグレースはさっそく彼らを雇い入れるが、それ以来屋敷では奇妙な現象が次々と起こりグレースを悩ませ始める……。



初めて観た時の衝撃は今でも忘れられない、大好きな映画の一つです。
久々に観たくなったので、チョイス♪

基本ホラー関係、大好き!大好物!(笑
上質のホラー作品には、恐怖や狂気の中に人間の本質が見え隠れして、とても感動するし涙なくては観れないのですが…


周りには、大変評判悪く変なヤツ扱い(--;
なんでだろ?不思議??


でも、でも、この作品はホラー苦手な方々にも観やすい作品なのでお薦め。
血や肉は、飛び散らないですし(^^;
演出も脚本も撮影も照明も演技も、この映画は非の打ち所がない感じ。
最後の最後まで、楽しめます。

そんな『アザーズ』ですが、ココでは色に関係しての映画感想を書くのに殆ど暗闇の中でストーリーが進行して色味がないのか残念な中、主演のグレース役のニコール・キッドマンに注目。

神信深く神経質で、気難しいくヒステリーな母親役。
観ていると、余りの神経質さにイラッとします(^^;

そんなグレースの衣装は、殆どが【Violet】。
自分のこだわりが強く理想が高い、Violetが良く似合います。
そして、自分の考えに縛られ回りが見えない…と言うか、現実を受け入れられないのでピッタリ(若干ネタバレ気味?!)
偏頭痛持ちって言うのもVioletのキーワード。(偏頭痛がある方、Violetが気になったり気づいたら周りに多くありませんか?)

そんなグレースの衣装がラストシーンでは、【Magent】になります(見えます)

【Magent】と言えば、再生であり復活。
そして、カルマの原因と結果。
そして、そして、無償の愛。


全てが、結びつきますね~(*^^*)



本当はもっと色々詳しく書きたい所ですが、観た事の無い方々の為にこれ以上は自粛しておきます(^^;

最後の衝撃と共に衣装色の変化に注目して観ると面白いので、是非~☆






゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆   ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

出張セラピーしております。

詳しいお問い合わせ等は…
こちらから、お気軽にご連絡下さいませ☆


料金等、詳しいセッションメニューは…

メニュー&料金

スポンサーサイト
2011.04.23 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://aicolour.blog61.fc2.com/tb.php/63-445eb72a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。