上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ところ変われば、色の言葉もそれぞれ違う。

で、いきなりですが…

エッチな色は、何色?
(本当、いきなりこんな質問ですみません (^^: )




この質問をすると、日本人なら大概


Pink


なのかしらん?
ピンク映画、ピンクチラシ…って、昭和のにおいがしますなぁ~(笑



で、この質問をアメリカですると…


Blue


だそうです。

英語の「blue」には、「憂鬱な・猥褻な」などの意味が含まれるからだとか。
なので、エッチな映画は「blue film」、下ネタは「blue joke」。
ちなみに、blue filmのいわれには様々な説があるそうで。
ひとつは、昔アメリカでは検閲が青鉛筆を使い、出版物などを検査する際にエッチな箇所を青でチェックしたから、エッチな映像をblue filmと呼んだという説。
ほかに、当時モノクロだったエッチなフィルムを法律上の問題で青色に着色したからという説もあるそうです。


へぇ~。ですよね。

Blueかぁ~。Blueねぇ。
Blueだと、冷静になってしらけそう…興奮しないよね。って思うのは、私だけ?(^^;
でも、Blueは「女性性」でもあるから、これもあり?!
女性の裸とか見て、女神を思う…とか?!w


で、お隣の国中国では…

Yellow


中国語で黄色には「堕落・猥褻」などのネガティブな意味があり、「黄色電影」でアダルト映画、「黄色書簡」はエッチな本を意味するそうですよ。

あ~。このYellowは、なんか納得しちゃうんじゃない?!
Yellowには、「高貴な」という意味もあるけど「悪しもの」という意味もあったりします。
なんとなくエッチな事って、悪い事・いけない事って言うイメージありますもん。
それに、中世では娼婦の服の色だったみたいですし。



そして、スペインは、Green

これは、なんかさわやか。
情熱の国ですから、エッチな事ってオープンで自由そう(勝手なイメージです (^^;)
でも、Greenは「ハート」の色。
これを忘れては、いけません。
心のかよったエッチじゃないといけませんから。



最後は、フランス。

White

また、これは…。
さすがおフランス!って、感じゃない?
White=Clear。Clearは、「光」。
と言う事は、「生命の源」です。
生存本能的には、必要ですね。エッチってw



勝手に解釈しながら、楽しんでみました(^^;

面白いですね。

本当に色々。


色は、やっぱり奥が深い!


と、思いませんか?






エッチの色あれこれで「奥が深い!」って、どうよ?って感じですが…(笑




☆応援くださ~い☆

人気ブログランキングへ←ポチっと押して下さいまし<(_ _)>


人気ブログランキングへ←携帯の方はこちらをポチっと



←こちらも出来れば…<(_ _)>





゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆   ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

出張セラピーしております。(土日・祝日限定)

お問い合わせ等は…
こちらから、お気軽にご連絡下さいませ☆


料金等、詳しいセッションメニューは…
メニュー&料金



スポンサーサイト
2012.02.24 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://aicolour.blog61.fc2.com/tb.php/89-77a9a819
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。