上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
これから色と連動してアロマ(精油)な話を絡めていくと思います。

なので、一度ここで精油の大事な注意点をまとめておきますね。

最近は、普段生活に使われている方も多いと思いますが、知らない方の為に。

植物のエッセンスが凝縮した精油は、とても濃度が高いものなので少々扱いに注意が必要です。



1. 精油を直接肌につけない
精油をそのま肌に直接つけては、刺激が強過ぎます。
肌につける場合は、必ずキャリアオイル等で希釈してから使用して下さい。
希釈率は、フェイス用で0.5%未満、ボディ用で、1%未満が安全。


2. 精油を飲まない
刺激が強いので、精油を飲むのは絶対NGです。
誤って飲んだ場合は、大量の水を飲んですぐに病院へ。
目に入った場合も、大量の水ですすぎすぐに病院へ。


3. 柑橘系の精油は、光毒性に注意
柑橘系の精油は、種類によって紫外線によって肌に刺激を与える成分(光毒性成分)が含まれています。
光毒性のあるものは、外出時等紫外線に当たる可能性のある時の使用は避けて下さい。
例)ベルガモット、レモン、グレープフルーツ


4. 妊婦、高血圧、てんかんの場合は、医師に相談。子供の使用も注意
妊娠中や高血圧・てんかんの方は、必ずかかりつけの医師に相談してから使用して下さい。
また、精油によっては使用できないものもありますので注意が必要です。
3歳未満のお子様は肌につける使用を避け、それ以上の年齢ですも控えめに。


5. 火のそばで使用しない
精油は引火する場合もありますので、火のそばで使用しないで下さい。


6. 肌につける時は、パッチテストを行う
肌につける前には、腕の内側等にブレンドしたマッサージオイルであらかじめパッチテストを行って下さい。


7. 精油は、冷暗所で保管して使用期限中に使い切る
精油は、とてもデリケートなのでキャップをしっかり閉めて、保存は冷暗所で。
基本的に、1年以内。柑橘系は、半年以内に使い切って下さい。


以上、一番大事な注意点7項目でした。

日々の生活の中に、好きな香りを加えるだけで彩り豊かな生活になります。
でも、100%天然の精油は、100%安全ではありません。
安心して使えるように、正しい使い方を知る事も大事だと思います。



☆応援くださ~い☆

人気ブログランキングへ←ポチっと押して下さいまし<(_ _)>


人気ブログランキングへ←携帯の方はこちらをポチっと



←こちらも出来れば…<(_ _)>





゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆   ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

出張カラーセラピーしております。(土日・祝日限定)

お問い合わせ等は…
こちらから、お気軽にご連絡下さいませ☆


料金等、詳しいセッションメニューは…
メニュー&料金



スポンサーサイト
2012.03.07 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://aicolour.blog61.fc2.com/tb.php/94-bcb9850c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。